ネタバレ

【レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~】ネタバレ・見た感想!

【レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~】のネタバレ・実際に見た感想!

【第1話】カトリーエイルと不思議な家【ネタばれ】

カトリーが最初に受けた依頼は、依頼主の家族が失踪してしまった!という事件です。これをカトリーが30分の中で見事に解決していきます。

主人公であるカトリーの初登場時は、とにかくテンションが高く、事件が大好きなお調子者、といった印象で、「この子が事件を解決するの?大丈夫かな?」とすこし心配になるくらいですが、依頼主の自宅に来た途端、ささいな手掛かりから事件に関する情報をどんどん導き出していき、さすがレイトンの娘なんだなあと思わされます。

家の中で家族が失踪するというこの事件は、最初は誘拐?!怪奇現象?!と思いますが、実は依頼主の父親に仕組まれたもので、それも仲違いしたままだった依頼主とその兄に仲直りして欲しいという思いから作られたものでした。いつか2人が仲直りした時にトリックが発動するようになっており、後半に2人が和解したときは、依頼主達の想い、事件に絡む人間ドラマにじーんときてしまいました。

推理自体は見ながら解いてしまえる感じではないですが、納得のいくトリックになっているので、カトリーの解説を聞くとなるほど~!と思えてスッキリします。

【第2話】カトリーエイルと悪魔のドレス【ネタばれ】

今回は、依頼主が奥さんに買った悪魔のドレスのせいで、奥さんが依頼主を殺そうとする!助けてくれ!という依頼です。

今回もカトリーの捜査によっていくつも手掛かりが出てきますが、前半を普通に見ていても自力で謎は解けず「どういうことだろう?」となりました。

奥さんを凶暴に変えてしまう原因が何なのかは見ていて私にも分かりましたが、後半の解説ですべてを聞いて「ええ?!」とびっくりしてしまいました。

実は、依頼主の奥さんが呪われている、ということではなく、依頼主が見ている奥さんの姿自体が幻覚で、その幻覚を引き起こしているのが「悪魔のドレス」と言われていたドレスでした。

奥さんに何もしてあげられなかった後悔から、奥さんが自分を殺そうとする幻覚を見ていた依頼主ですが、本当は奥さんは依頼主のことを恨んでなどいなかったことが、奥さんの遺した手紙でわかります。

まさか奥さんが幻覚だとは本当にびっくりしましたが、単純にドレスが引き起こした影響だけではなく、依頼主やその周りの人々の愛情や悲しみ、思いやりが今回の事件の謎を作り出していて、前回にも増して驚きと感動がありました。

【第3話】カトリーエイルと蘇る死体【ネタばれ】

今回は、死んだはずの旦那さんがゾンビになって現れるという事件でした。

このお話はほかの事件に比べると真相がわかりやすく、手掛かりから何となく予想がつくものでした。ロケット開発に携わるチームに所属していた旦那さんたちは、仕事が忙しく家庭が疎かになってしまったせいで皆それぞれ家族と揉めてしまい、仕事がやりづらくなったため、墓地の中の隠し部屋で、死んだフリをして人目をしのんで開発を進めていました。

そこまでは見ていると大体予想はつき、解説を途中まで聞いたところで、個人的には「死んだフリをして奥さんを騙すなんて酷すぎる!最低だな!」と思いましたが、旦那さんがロケット開発をそこまでして成功させたい理由は、幼い頃に奥さんと「月に連れて行ってあげる」と約束をしたことにあり、結果的に夫婦は和解することが出来ました。

それにしても死んだと思わせる嘘は酷いなーと思いますが、奥さんのためにロケット開発に夢中になり、結果的に奥さんをおざなりにしてしまう旦那さんは、きっと不器用な人なのだなと感じました。

【第4話】カトリーエイルと世紀の大怪盗【ネタばれ】

今回は、この作品の舞台ロンドンの大英博物館に、宝石を狙う「大怪盗セーヌ」の犯行予告が届くという事件でした。

以前にもセーヌには何度か宝石を盗まれていますが、誰も犯人の姿を見た者がなく、犯人探しをしようにも手掛かりがない、手口も全くわからない状態です。

怪盗ときいて大喜びで操作を始めるカトリーですが、以前の犯行があった場所を捜査し、犯人や手口に繋がる手掛かりをどんどん見つけていきます。

前半を見ていくと犯行に使った道具や手口がぼんやりと分かってきますが、今回も明確な手口はカトリーの解説があるまで分かりません。

事件の犯人は、飛び級で大学に入った天才少年です。コンピュータと鳥の性質を駆使して、現場に現れずして犯行をおこなっていました。超高性能コンピュータですべての法則性を計算できるというのは、ホントかな~?実際こんなに上手くいくかな?と少し思ってしまいましたが、用心して練習を重ねた結果、犯人が手掛かりを残してしまう詰めの甘さ、さらに犯行を起こした理由が人の命を守るためだったのが、犯人もやっぱり人間なんだな~と思うポイントでした。

毎回、事件そのものだけでなく、その裏にある人の思いにじんわりさせられます。

【第5話】カトリーエイルと幸運な男【ネタばれ】

今回は、幸運の矢に打たれてから幸運が続いているという不思議な青年の依頼でした。

街で突然矢に撃たれてから、貰った抽選券で1等が当たったり、デパートの100万人目の来店者として賞金を貰ったりとラッキーなことが起こったが、最近はラッキーなことが起こらなくなってしまったそうで、青年は「病気の父親に適合するドナーを見つけたいのでここで幸運がなくなってしまうと困る!」とのことでカトリーの元にやってきました。

どうやら青年に矢を当てたのは、エンゼルアローというブティックの従業員のようでした。エンゼルアロー社の社長は登場時はとても胡散臭い人に思えますが、カトリーは社長におだてられて気分良くなってしまっている様子……。しかしこのエンゼルアローに事件の手掛かりがありました。

エンゼルアロー社のイベントで使用していた矢が、付近を歩いていた青年に誤って当たってしまったため、悪い噂が広まる前に青年にわざとラッキーなことを起こし、「幸運の矢」として噂を広めて企業のイメージダウンを防ぐという作戦だったのです。

でも実はこのエンゼルアロー社の社長と、矢を当てた青年の父親とは、幼い頃の親友であり、結果的にこの矢が2人を再び結びつけたことになりました。

結局幸運は嘘だったということになりますが、そのあと、父親のドナーが見つかるという本当の幸運が訪れました。

カトリーの解決する不可思議な事件にはすべて理由があり、誰かが人為的に起こしたことなのですが、それだけではない、偶然や奇跡でこんなに不思議で素敵なことが起こるというストーリーが、さすがレイトンだなぁと思わされます。

【第6話】カトリーエイルと時を超えるバス【ネタばれ】

今回は、カトリーエイル探偵事務所の助手であるノアの大学の後輩ウーラからの依頼です。彼女は大富豪の父を持つお嬢様なのですが、なんと「時を超えるバス」に乗ったというのです。

教授に呼ばれて大学に向かう途中、偶然通りかかった大学行きのバスに乗ると、10年前のこの街に着いたとのこと。そこには昔飼っていた猫のダイアナがいたり、死んだはずのおばあちゃんの子守唄が聞こえたり。

カトリーとノアも同行して調査すると、そこは10年前の街並みそのものでした。10年前に街からなくなってしまった丘の上の木のふもとには、おばあちゃんがいました。ここでカトリーは全ての謎を解明します。

この謎のトリック自体は私にもわかりましたが、そこに隠された想い、壮大な愛情は予想以上に見事なものでした。

この街は、10年前おじいちゃんが亡くなるとき、おばあちゃんが静かに暮らせるようにと、そっくりそのまま街を再現して作らせたものでした。おばあちゃんは10年前、死んだと偽装してこの街へやって来ましたが、孫のウーラが成人したらおばあちゃんに再会出来るようにと、大学の教授やバスの運転手が仕掛人になっていました。さらにこの日は、60年に一度の流星群の夜。おじいちゃんはおばあちゃんにプロポーズをしたのと同じ夜に、ウーラとおばあちゃんを再会させたのです。

大富豪ならではの壮大なトリックに、さすがだな~と思わされましたが、それ以上におばあちゃんへの愛が壮大で、後半はうるうるきてしまいました。後半15分の間にすごく引き込まれました。

【第7話】ラットマン・リターンズ【ネタばれ】

少し前まで、ロンドンでは事件を解決してくれるヒーロー「ラットマン」が活躍していました。しかしここ数ヶ月、ラットマンはぱったりと姿を見せなくなりました。今回の依頼は、ラットマンに憧れる少年レオが「ラットマンに何かあったに違いない!」ということでカトリーに捜査を求めてきました。

ラットマンに関するニュースはいつもロンドンタイムズの記者が取材していましたが、ここしばらくはオーナーがラットマンを追うことを禁止しているとのことでした。

最後にラットマンが現れた街で聞き込みをすると、ラットマンは去り際に「これから人生最大の試練に立ち会う」と言っていたそうです。

ラットマンってもしかして、あの人……?と薄々思いつつも、体格が違いすぎるかなと確信が持てずにいましたが、最後まで見るとラットマンの正体は予想通り、新聞社のオーナーでした。

オーナーは新聞社の話題作りのためにラットマンを始めましたが、出産に立ち会って以来、家族のために危険に身を置くことをやめたのです。

そのとき、以前ラットマンに退治された不良がレオを人質にとってラットマンをおびき出そうとし、レオのラットマンを信じる声に心を動かされたオーナーは再びラットマンとなりレオを救ったのです。

奥さんの理解もあり、オーナーは今後もラットマンの活動をすることになりました。

オーナーがラットマンになった途端ムキムキになっていたり、謎の跳躍力をみせたりとちょっと謎なところもありますが、子供がヒーローを信じる心はすごいなと思わされました。たびたびカトリーがラットマンのポーズをするのも可愛くて好きです。

【第8話】1億ポンドは風と共に去りぬ【ネタばれ】

この話はサブタイトルで若干ネタバレなのですが、今回は銀行強盗のお話です。なんと1億ポンドが一夜にして消えてしまったのだそう。完璧主義者の総支配人マイヤーさんに話を聞き、調査を進めます。

銀行では最新型金庫「ハイレーン」内に、札束をそのまま置いて保管していました。金庫には空調管理のために、吸気用と排気用の巨大なファンが備え付けられています。

朝から呼び出され空腹だったカトリーは朝食を食べに出ますが、街の異変に気づきます。どうやら今朝は風が強く吹いていたようで、建物の旗が飛ばされていました。

サブタイトルからも、この事件は風が起こしたものだと推測はつきました。

解説を聞くと、事件の前日、マイヤーさんは金庫内の吸気用ファンが故障していることに気づかず、排気用ファンのみが動作した結果、金庫内が真空状態になっていました。翌朝タオレッタ支配人が金庫を開けると、急激に空気が入ることで札束は排気用ファンから外へ飛ばされていってしまったとのことです。

実際に50マイル先に札束が飛ばされていることを確認し、紙幣を回収することができました。

しかし、なぜマイヤーさんはファンの故障を見逃してしまったのでしょうか?マイヤーさんは、新人時代からお世話になったタオレッタ支配人の退職パーティの準備に必死で、今回のミスを犯してしまったのです。

完璧主義者で仕事脳のマイヤーさんがタオレッタさんのことを思って動き、銀行にとって必要とされる姿に人間味があふれていて、好きだなーと思いました。

【第9話】摩天楼は猫色に【ネタばれ】

今回の依頼は、大富豪ガルフレッツァー夫人のペットであるペトリーちゃんが行方不明になったという事件です。5時間後の晩餐会までに見つけ出さなければいけません。

屋敷の中には大量の猫の写真や置物が飾られており、夫人はよっぽど猫が好きなのかと思いましたが、専属シェフのダニーさんは猫が苦手で、写真でも気分が悪くなるそうです。

ダニーさんの料理は芸術品で、作っている時に人が触れたりすると激怒してしまいます。

他にも庭師や執事にも話を聞きましたが、やはりここまでで怪しいのはシェフではないかと思っていました。

カトリーはペトリーちゃんを見つけたふりをして屋敷中に呼びかけ、犯人が隠し場所を見に来たところを待ち伏せしました。犯人はやはりシェフのダニーさんでした。

そもそも、実はペトリーちゃんは犬や猫ではなくイグアナだったのです。ここは見事に騙されてポカーンとしてしまいました。

屋敷中に飾ってある猫の絵は、ペトリーちゃんが猫が苦手なので、触ってはいけないものの近くに置いていたものでした。しかし猫が苦手なダニーさんはペトリーちゃんに料理に近づいて欲しくなくても対策ができず、晩餐会の料理が出来上がるまで隠しておこうとしたのです。

しかし、なぜ今日の晩餐会に限って隠したのでしょうか?実は、今日の晩餐会には、ダニーさんの息子が社長として参加するのです。離婚した妻との間にできた息子に最高の料理を食べさせたかったダニーさんは、息子さんにだけメインディッシュを思い出のハンバーグにして出しました。

お父さんの味を覚えていた息子さんは、父親と涙の再会を果たします。離れ離れになっても、お互いのことをずっと思いあい、シェフとして、社長としてそれぞれ成功した時に再会出来たというのはなんとも素敵だなぁと思いました。

【第10話】レイトン教授と秘宝レリクス エピソード1【ネタばれ】

今回は事件の依頼ではなく、カトリーの探偵社にやってきたお客様のお話です。

カトリーの父親であるレイトン教授の研究室にいたローザおばあさまが探偵社を訪れ、「レイトン教授を探す手がかりを教えたい」と言ってきました。

ローザおばあさまが話したのは、レイトン教授が受けた人探しの依頼の話でした。依頼人はレイトン教授の助手をしていたルークの奥さんで、ルークを探してほしいとのこと。早速ルークの部屋を調査すると、そこにはルークがレイトン教授に残した手がかりがあり、謎を解くことでルークの居場所が分かるようになっていました。なんとルークは大英博物館に幽閉されていたのです。

ルークは『秘宝レリクス』の謎を追っていました。未知の金属で作られた『レリックストーン』が発する光を追うことで古代の大秘宝・レリクスに繋がると信じられており、それがカトリーに関係しているため、レイトン教授とルークはレリクスの謎を追い続けていたのでした。

ここからがすごい……と言いながら、ローザおばあさまはシチューを火にかけっぱなしだった!と家に帰ってしまいました。突然話を切られてしまってちょっとがっかりしましたが、レリクスがカトリーにどんな関係があるのかは、今後のお楽しみのようです。レイトン教授が登場し、カトリーと再会するのはいつになるのか、楽しみに続きを見ていきたいと思います!

【レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~】の動画配信情報

【レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~】の動画は、dアニメ・hulu・Nextflix・FOD・U-NEXT・ビデオマーケットどこで見れる?

お目当てのアニメが「どの動画サービスで見れるのか?」って調べるの結構面倒くさいですよね!そこで、人気の動画サービス(FODプレミアム、U-NEXT、dアニメ、hulu、Netflix、ビデオマーケット ...

続きを見る

-ネタバレ

Copyright© Hulu・Netflix・FOD・U-NEXT・Dアニメ・ビデオマーケットのアニメ動画配信情報 , 2019 All Rights Reserved.