ネタバレ

【ヘタリア The Beautiful World】ネタバレ・見た感想!

更新日:

【ヘタリア The Beautiful World】のネタバレ・実際に見た感想!

【ヘタリア The Beautiful World】第一話「それぞれの戦場」

戦争中コーヒーが不足し、ドイツはイタリアにせがまれてコーヒーの代用品をつくります。

そこで完成したのがたんぽぽコーヒー。

味も良し、栄養価も良し、なのですが一つ欠点を挙げるならば、たんぽぽを採取するときにとても乙女チックになってしまうこと、だそうです(笑)

新シリーズになり、絵が大分かわいくなりましたね!

原作も連載中絵柄が徐々に変わっていったのでそれに寄せているのでしょうか?

【ヘタリア The Beautiful World】第二話「学園ヘタリア 進め!新聞部! 前半戦」

W学園には怪しげな部活がたくさんあるらしく、新聞部(イタリア、ドイツ、日本)は取材して記事にすることにしました。

ソ連部に狙われている合唱部(ウクライナ、エストニア、リトアニア、ラトビア)やヒーロー部(アメリカ)、選ばれた国しか入部できない美食部(トルコ、中国、フランス)、恋のおまじないをしたりハリー・ポ〇ターのコスプレをしたりする魔術部(イギリス、ルーマニア)など沢山あります。

美食部…いわゆる料理部のようなものですがメンバーが豪華ですね!

食事会を開いたら儲けられそうですね(笑)

【ヘタリア The Beautiful World】第三話「学園ヘタリア 進め!新聞部! 後半戦」

続いて新聞部が取材したのは、日本も大好きな北欧家具をつくったりする北欧部(デンマーク、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、スウェーデン)や

カナダを満喫(メイプルシロップをかけたパンケーキを食べてのんびり)するカナダ部(カナダ)、帰宅部(スイス、ロマーノ)、象さん愛好部(インドタイ)や水泳部(ハンガリー、オーストラリア)に音楽部(オーストリア、プロイセン)などなど。

最後にモテる研究部、ちょいワル部、ねこふわ部その他24の謎の部活の部室を訪れると、イタリアがそれらの部活を乱立させていることがわかりました(笑)

部活をつくれる規則が緩いとそうなるのですね…

【ヘタリア The Beautiful World】第四話「ロシアとおともだち」

今回はちびロシアのお話でした。

ロシアは小さいころいじめられっこで、モンゴルやドイツ騎士団(のちのプロイセン)、デンマークとスウェーデンに狙われていました。

ハムスターにも拒絶され、可哀そうなロシア。

でも怒ったら怖いのは昔からのようです(笑)

【ヘタリア The Beautiful World】第五話「私が去ろうとも貴方は残る」

仕事で田舎からパリに出てきた青年はフランスと出会って驚きます。

それは昔、祖父に見せてもらったフランスの写真と全く変わっていなかったからです。

そのことを青年は恋人に話し、不老不死だなんて羨ましい、と言いますが恋人の女性は愛する人を何人も見送るのはとてもつらいことなのではないか、と反論します。二人は一緒に年をとろう、と約束をします。

不老不死に憧れる人間もいますが、そんなにいいものではないのかもしれませんね。

【ヘタリア The Beautiful World】第六話「ロマーノにっき」

スペインの美味しいごはんをたくさん食べて、掃除もしてもらい、布団も干してもらい、とてもいい生活をしているちびロマーノですが、素直ではないのでスペインのせいでひどい一日だった、と日記には書いています。

そんなちびロマーノですが、たまにはトマト収穫してみたり、ドイツ兵といるスペインが危ないと思って怖さにも打ち勝ちドイツ兵に立ち向かっていったりと、素直ではありませんが根はいい子なちびロマーノです。

【ヘタリア The Beautiful World】第七話「アメリカ人と暮らしてるとよくあること」

アメリカの家にホームステイすることになった日本。

歓迎として大量のおかしと超BIGな肉というアメリカの洗礼をはじめとし、ふたりは文化の違いに驚くことが沢山です。

【ヘタリア The Beautiful World】第八話「ロシアさんと僕のゆるやかな喧嘩」

ある日、エストニアの家のサイトがすべてロシアの可愛らしいイラストとともにジャックされました。

エストニアはロシアを疑いますが、ロシアは否定します。

アメリカの助けもあり、無事犯人をつきとめましたが一般人でした。

ロシアは魔法のステッキ(水道管)を持って笑顔でエストニアを追いかけます。

さあロシアとエストニアのおいかけっこのはじまりです☆

【ヘタリア The Beautiful World】第九話「オランダさんち」

お金にがめついオランダはスペインと喧嘩していた頃、敵のスペインにも銭次第で物資を売ってやってもいいと金儲けするほど。

それはオランダが幼くて貧乏なころに、妹分のベルギーの豪華な家と食べ物を見たことによって、「世の中銭や」という思想に陥ってしまったからだそうです。

【ヘタリア The Beautiful World】第十話「とること!」

ギリシャとトルコは一見仲が悪いように見えますが、音楽が流れると一緒に踊りだしたり、お風呂に入ったりと実は仲がいい様子。

また、イタリアの昔を知るトルコから見たらイタリアは丸くなった悪ガキ、だそうです。

これにはドイツもびっくりΣ(´∀`;)

【ヘタリア The Beautiful World】第十一話「僕たちの失敗」

エイプリルフールのときに原作者のホームページで公開されたお話ですね!

恥ずかしい写真をばらまかれたくなければこの衣装を着て広場に来いという手紙とともに、送られてきたそこそこ恥ずかしい衣装たち。

犯人はフランスで、恥ずかしい写真とは寝顔の写真でした。

その写真より衣装の方が恥ずかしいと思うのですが…(笑)

気にしていない国も多かったですが、その写真を取り戻すべく、恥ずかしい衣装を着て集まったイギリス、アメリカ、中国、ロシアはぬいぐるみを抱いていたり、クマミミのパジャマを着ていたりしたので確かに少し恥ずかしいのかもしれませんね(笑)

【ヘタリア The Beautiful World】第十二話「めりーはろうぃーん!」

毎年ハロウィンの朝一にイギリスと脅かしあいをしているものの、一度も勝てたことがないアメリカは日本の知恵を借ります。

一方イギリスは三日かけて優しそうな巨人の精霊を召喚し、アメリカの家の扉を開けます。するとそこには受付があり、ロシアがいました。

日本の不意打ち作戦で最初に怖いものをもってこようという案がというより、怖いものとしてロシアを用意したのが勝因ですね(笑)

【ヘタリア The Beautiful World】の動画配信情報

【ヘタリア The Beautiful World】の動画は、dアニメ・hulu・Nextflix・FOD・U-NEXT・ビデオマーケットどこで見れる?

コメディ/ギャグ,ショート,歴史/戦記ジャンルで人気の【ヘタリア The Beautiful World】ですが、放送中だったらTVerなどでも見れますが、放送が終わってからもまた見たい!と思って動画 ...

続きを見る

-ネタバレ

Copyright© Hulu・Netflix・FOD・U-NEXT・Dアニメ・ビデオマーケットのアニメ動画配信情報 , 2019 All Rights Reserved.