ネタバレ

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】ネタバレ・見た感想!

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】のネタバレ・実際に見た感想!

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】第一話:「魔王演技」

コミュ障で引きこもりの坂本拓馬(さかもとたくま)はクロスレヴェリというファンタジーMMORPGで魔王ディアヴロという名の伝説のプレイヤーでした。
しかし彼はいつもどおりリア充プレイヤーを瞬殺していたところ(笑)、二人の少女に魔王ディアヴロの姿で召喚されてしまいます
生涯ソロプレイで生きてきた拓馬は普通の話し方がわからず、魔王ディアヴロになりきることにしました。
二人の少女はディアヴロに隷従儀式をしたのですが、ディアヴロは全ての魔術を跳ね返す指輪を装備していたので
奴隷魔術は少女たちにかかってしまいました。

エルフの少女はシェラ・L・グリーンウッド、豹人族の少女はレム・ガレウと名乗り、二人とも冒険者を目指しているようです。
シェラは明るい性格で巨乳です。一方レムは落ち着いた性格で貧にゅ((ry

二人は割と対称的な存在なのでどちら派かでわかれそうですね(笑)

三人が宿につくと魔術師協会長であるセレスティーヌ・ボードレールがレムを訪ねてきます。
レムには秘密があり、早めに分かっていたほうがいいとゲーマーの勘が働いたディアヴロは秘密を吐くようレムを拷問(お耳もふもふ)します。
ディアヴロ「もふもふっていいよねー(*’ω’*)」
レムの秘密とは、彼女は体内に公式最強ボスであるクレブスクルムの魂を抱えており死ぬと魂が解放されるというものでした。
彼女は秘密を言うと皆離れていくと恐れていましたが、誰かに話したことがあるのでしょうか?
ディアヴロの考えではそのことを知るのはセレスのみということでしたが…

ディアヴロが一人外で考えていると彼をよく思わなかった、セレスの護衛ガラクがディアヴロに絡みますがけちょんけちょんにやられます(笑)
街中で召喚獣に火を噴かせたガラクはバレたらクビでしょうね。
やはりゲームの世界であるからか女の子の衣装がセクシーですね!

最近異世界ものが流行っていますが、拓馬ことディアヴロはどのような冒険をするのでしょうか?
そして今後もセクシーシーンはあるのでしょうか?(笑)

今後が楽しみですね!

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】第二話:「最強新人」

ディアヴロとシェラの冒険者登録をするために、三人はギルドに行きます。

何となく想像が出来ましたが、ディアヴロの魔力は測りきれないほど強く、最初はギルドマスターのシルヴィに冒険者登録できないと言われますが、人食いの森のモンスターであるマダラスネイクの討伐を紹介されます。

しかし、何故かそこにはエルフ族の精鋭部隊が待ち伏せていました!

彼らによって明かされた事実!
なんとシェラは「グリーンウッド王国の姫君」でした。

シェラは世継ぎのために好きでもない相手と結婚させられるのが嫌で自分ひとりで生きていくために冒険者を目指していたのでした。シェラを追いかけて来た彼らは当然シェラを国に連れて帰ると言いますが、ディアヴロの魔術に戦意喪失します。

ここでもう1つの事実が判明しますが、魔術師協会の名でモンスター討伐の依頼をしてエルフたちにシェラのことを教え、ディアヴロを襲わせた黒幕は、一話でディアヴロをよく思っていなかった魔術師協会のガラクでした。

街に帰り、レムがそのことをセレスに報告しに行っている間、ディアヴロとシェラは二人きりになり、ディアヴロは今回わかったことを話します。

それはこの世界はゲームと違い、全体的にレベルが弱いこと。
ゲームは蘇生もリセットもできますが、生身の人間にはできないので無理なレベルアップを試みないからです。

改めて、ディアヴロのレベルはそのままなので、企画外の強さなのですね(;´∀`)

エルフたちにも容赦なく魔術を使っていたディアヴロですが、この世界での命の重みをリアルに感じられたのでしょうか?

それにしても…今回もセクシーシーン、ありましたね(*´Д`)
ディアヴロがシェラの胸を見ていたこと、シェラは気づいていたようです(笑)

次回はどんなセクシーシーンがあるのやら…!楽しみですね!

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】第三話:「魔族襲来」

三人はギルドに呼び出され、ディアヴロ指名の依頼を受けます。
依頼主はセレスでウルグ橋塞(きょうさい)へ差し入れの配達という簡単なものでした。

レムはセレスに借りをつくりたくないからと街に残り、ディアヴロとシェラの二人でウルグ橋塞へ向かいます。
無事依頼は成功させますが、そこには100体の魔族が向かってきていて…!?

ディアヴロがひとりで魔族と戦っていると、指揮官だと思われるカタコトの少女が槍(やり)でディアヴロに襲い掛かります。

新しい女の子キャラですが、この子も可愛いですね(*´Д`)

一方その頃レムは訪問してきたセレスと話をしていました。
セレスはガラクについて謝罪をしたり、ディアヴロがレムを狙っているのではないかと疑ったりします。

セレスはディアヴロの話をレムとしたいがために依頼したのでしょうか?
レムだけが街に残ると読んでいたのでしょうか?

するとそこに手を血に染め、錯乱状態になったガラクが乱入してきます。
彼は魔術師協会を追放されたショックで錯乱し、更には誰かに何かをふきこまれたようで、怪しげな短剣を自分に刺します。

するとガラクが魔族のすがたになって…!?

ディアヴロもレムも皆ピンチなこの状況!一体どうなってしまうのでしょうか!?

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】第四話:「迫撃乱舞」

ガラクをそそのかして街に侵入した魔族グレゴールはあっという間にレムとセレスを窮地に追いやります。そこで現れたのは第三話でディアヴロに戦いを挑んだギルド1の戦士であるエミール・ビュシェルベルジェールでした。

一方その頃ディアヴロは街に魔族が侵入したと聞いて、街でセレスを殺して結界を破りその間に攻め込むという指揮官の計画を悟りました。指揮官の攻撃に防戦一方だったディアヴロですが、極大魔術で魔族をせん滅し、帰還魔術で街に帰ります。

ボロボロになったエミールと冒険者たちのおかげでディアヴロが間に合い、ディアヴロの魔術によって魔族グレゴールは闇に葬り去られます。

それにしても魔術師協会の長であるセレスは何もできないのですかね?
自分の身くらい守れてもよさそうですが…結界にすべての魔力を使っているのでしょうか?

魔族襲来は結果として多くの犠牲者を出しました。ゲームと違って生き返ることはできません。しかし人々は希望を持ち、普段通りの生活を取り戻そうとし始めたころ、ギルドマスターのシルヴィがディアヴロに仕事の依頼をするためにやってきました。

その内容とは「シェラをグリーンウッド王国に帰さなければ開戦する」という王国の意思を受け、戦争を未然に防ぐこと。

次から次へと困難が訪れるディアヴロたち、次回は魔術でひれ伏させるということは出来なさそうですが、どのようにして困難を脱出するのでしょうか!?

そして皆さんお待ちかねの今回のセクシーシーン。

セクシーな衣装を着たシェラももちろんとても可愛いのですが、個人的にはシェラに対抗しようと顔を赤らめながらもディアヴロに抱き着くレムがとても可愛らしいです( *´艸`)

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】第五話:「国家騎士」

シェラを引き渡さなければ開戦すると言うグリーンウッド王国。

開戦を阻止するよう言われたディアヴロは、まず領主に話を聞きに行きますが、そこで国家騎士であるアリシア・クリステラを紹介されます。
彼女は初対面の人と話すのが得意で、ディアヴロは魔王演技がばれてしまうのではないかとびくびくします(笑)

女性でエリート中のエリートである国家騎士になれたのは、そのような社交性もあるのでしょうか?なにか他に深い事情があるような気も個人的にはします。

次にディアヴロは手加減のしやすい武器を買いに行きます。
かなり大きい鎌を買いましたが大きいし重そうだし扱いづらそうですが、見た目重視の雑魚性能らしいのでそれくらいでちょうどいいのでしょうか?

道具屋に行こうとしたとき、シェラが誘拐されてしまいます(^_^;)
原因はシェラの兄が彼女に懸賞金をかけていたからでした!

こうなることが分かっていたのに街を堂々と歩きまわる4人と、3人から離れてしまうシェラ…もうすこし警戒しようよ…(笑)

複数人で襲い掛かってきた誘拐犯を3人が連携して倒し、たまたま通りかかったエミールの助けもあって無事シェラを助けることができました。

それにしても運ばれているシェラの格好といったら…(片足ずつかつがれているため股がひらいていた)

誘拐犯はエミールに任せ、安心したところアリシアの腹の虫が鳴きます。顔を真っ赤にするアリシアをつれて腹ごしらえをしに行くようです。

レムは肉がいい!と何回もいいますが、やはり豹人族だから肉を好むのでしょうか?
小柄なのに肉が好きっていうギャップ、いいですね( *´艸`)

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】第六話:「奴隷市場」

セレスの紹介により、奴隷市場の店主メディオスにシェラとレムの首輪を取る方法を聞きに行くディアヴロたち。メディオスは魔力の流れとやらが見えるらしく、危うくレムの秘密(魔王クレブスクレムの魂が体内に潜んでいること)がばれそうになりました。

メディオスが首輪の扱い方は企業秘密なので教える人数を少なくしたいと言うのでレムとアリシアは外で待機することにしました。そこでレムは自分にはバレたくない秘密があるとアリシアに話します。アリシアは秘密がばれないおまじないといってレムの手を撫でます。するとレムの手に魔法陣が一瞬現れ、アリシアは驚きます。

一方ディアヴロはメディオスに魔力の流れを見る方法から教えてもらい、魔力の注ぎ方まで習得しますがシェラに跳ね返した奴隷魔術は複雑で結局首輪の取り方は分かりませんでした。

ディアヴロたちが宿に帰るとグリーンウッド王国第一王子でシェラの兄であるキイラ・L・グリーンウッドが訪ねてきます。シェラを無理やり取り返しに来たのかと思えば、シェラの気持ちを尊重すると言い、翌日もう一度シェラの気持ちを聞きに来るとあっさり帰っていきました。

かと思えば、木の上でお得意の笛を吹きながら「僕の子を産んでもらうぞ!シェラ!」とゲス顔で叫ぶキイラ。

…???あれ?あなたはシェラの兄なのでは???
王位継承を確実なものにしたいからなのか(そもそもライバルがいるのか?)
重度のシスコンなのか…

それにしても今回はディアヴロがシェラの首輪を外そうとしているときとか夜のシェラとレムのじゃれあいとかセクシーシーン多かったですね(笑)

今まではディアヴロとどちらかの絡みでしたが、今回初の女の子同士の絡みでしたね!
仲が良くていいことです( *´艸`)

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第七話:「人心変転」

レムとアリシアがセレスたちに、キイラが訪ねてきたことを報告しに行っている間にディアヴロはポーション作りをします。シェラと笑いあいながら、こんな時間が続けばいい、と話しますがキイラの笛の音が聞こえた途端にシェラの様子がおかしくなります

なんとシェラは国に帰らないと、とキイラが待つ馬車に乗って帰ってしまいました。しかし、ディアヴロは何もできずに立ちすくんでしまいます。幼いころ仲良くなったと思った友達に裏切られたことを思い出し、連れ戻しに行くこともできませんでした。

一方レムは「シェラは私の仲間だから」と一人でも連れ戻しに行こうとします。「仲間」という言葉を聞いてディアヴロはシェラを連れ戻しに行く決心をします。アリシアも連れて三人でグリーンウッド王国へ向かいます。

その頃、キイラはシェラに尋問したり、繊維を食べるスライムにシェラの服を食べさせたりお楽しみの様子…

スライムは完全にキイラの趣味でしょうね(笑)

ディアヴロはシェラを助け出し、彼女にかけられたキイラの思い通りに行動する魔術を隷従の首輪の力で魔術を解きます。キイラは自分の思い通りにならないこんな世界など滅びてしまえ、とグリーンウッド王国の切り札である最強召喚獣を召喚します。

正々堂々と立ち向かおうとするディアヴロ。今回も華麗にやっつけてしまうのでしょうか?

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第八話:「英雄驀進」

やはり最強召喚獣といえどもあっさりと倒してしまいましたね!ディアヴロはキイラに死をもって償うよう言いますが、それをシェラが止めます。いくらひどいことをされたと言え、実の兄ですもんね…

キイラが立ち去ろうとしたとき、突然キイラの首が飛びます。一同が茫然としていると領主と沢山の兵が現れます。キイラの首をはねたのはなんと領主でした。

領主はディアヴロとグリーンウッド王国を争わせて、疲弊したところを攻め込み、グリーンウッド王国を支配することが目的だったようです。どうやら今回の本戦は領主との戦いだったようで、ディアヴロは苦戦しますがなんとか撤退させることに成功します。

とどめを刺さなかったのでまたなにか仕掛けてきそうですね…

そしてお待ちかねのセクシーシーン。今回はギルドマスターのシルヴィです。召喚獣と領主との戦いでMPが0になりベッドで休んでいたディアヴロのもとにシルヴィがMP回復の効果があるお酒を持ってきてくれました。

お酒は苦手だがディアヴロの身体だし大丈夫だろうと飲んだところ、酔っぱらってしまい、シルヴィを抱き枕と間違えてしまいます。

シェラとレムが帰ってきたら大変なことになるのでしょうね!(笑)

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第九話:「聖騎士譚」

神を信仰し、魔王を信仰するものを助けと言い惨殺する聖騎士サドラー。異世界の魔王と名乗るディアヴロに石化魔術をかけようとしますが跳ね返されて自分が石化してしまいます。ディアヴロが言うには数日で魔術は解けるようです。

他の騎士に担がれていく様子は少し滑稽でしたね(笑)しかしまた攻撃を仕掛けてくるのではないでしょうか?

また、シェラとレムが水浴びをしていると以前戦った魔族の指揮官の少女エデルガルドがいきなりレムに接触してきます。そこでレムの体内に魔王クレブスクレムの魂が封印されていることを確信し、魔王復活の方法を教えると提案してきました。

レムは魔王の母として大切にするし、復活の儀式は魔族抜きで行って良いという条件もだしてきました。ディアヴロは少し迷いますが、レムの体内から魔王の魂を取り除くことに関しては利害が一致しているので提案を受け入れることにしました。

そのことをシェラ、アリシアにも伝えると涙を流して協力すると言いますがディアヴロはその姿に違和感を覚えます。薄っぺらいと。確かに簡単に受け入れすぎているのではないかと思います。

シェラは大丈夫だと思いますが、アリシアには気を付けた方がよいかもしれませんね。というか完全にフラグを立ててしまったディアヴロであった…(笑)

それにしても今シーズンもあと3~4話くらいで終わると思うのですがまとまるのでしょうか…?敵も問題も段々山積みになってきていると思うのですが…

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第十話:「魔王復活」

エデルガルドとの約束通り星降りの塔にやってきたディアヴロたち。レムのお腹にいる魔王クレブスクルムにディアヴロの魔力を流し込むことによって復活させることができたのですが、クレブスクルムの様子がおかしいですね…

現れたのは可愛らしい少女ですし、記憶が大幅に抜け落ちています。魔族がひと族を襲う理由も分からず、だめと言われればやめる素直ないい子です(笑)

シェラにもらったビスケットがとても気に入ったようで街についていくと言い出しました。ひと族に危害を加えないのなら、とディアヴロたちはクレブスクルムを倒すのをやめてとりあえず街に連れて帰ることにしました。

(それが演技だったらどうするんだと思いましたがその様子はなさそうですね)

その道中先々代の魔王から仕えているという最強の魔族であるオウロウという鳥の魔族が現れます。しかしクレブスクルムにひと族を襲う気がないとわかると、不完全な魔王には輪廻転生して頂くと襲ってきます。

ディアヴロがなんとか追い払いましたがオウロウはまたあらわれるでしょうね…!

エデルガルドは魔王様の考えを尊重すると言って森に帰っていきました。無事宿に帰ってきた一行ですが終始様子がおかしかったアリシアは一人になると魔王様にはひと族を滅ぼしてもらい、美しい世界をつくってもらわなくては…と呟きます。

アリシアは魔王を信仰しているのでしょうか?

また、前回ディアヴロの魔術反射で石になっていたサドラーの魔術が解けたようです。

彼もなにかしら仕掛けてくるでしょうね…!次々に問題がふりかかるディアヴロ…がんばれ!

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第十一話:「幼女覚醒」

みんなでビスケットを楽しそうに食べている間も何か考えている様子のアリシアが遂に行動にでます。ディアヴロとシェラが話している間にアリシアはクルム(クレブスクルムのあだ名)を路地に連れていき、レムがそれを追いかけます。

そこでアリシアは正体を現し、魔王復活には憎しみが必要だと言います。(第三話でガラクをそそのかしたのもアリシアだったようです。)更にサドラーも登場し、魔王崇拝者には救済をなどと抜かしてレムとクルムを連行します。

教会という名の拷問部屋にレムを連れてきて拷問しますが、耳を切り落とそうとしたり胸元に剣を刺したり、サドラーの言う救済とはただの拷問ではなく死をもってその罪を償えといったもののようですね…

クルムはレムとひと族を傷つけないと約束し、拷問されながらもレムが制止するので手が出せないままレムが瀕死状態になります。アリシアはクルムのことを魔王崇拝者(レムたち)から保護した子供と言っていたのになぜサドラーたちはレムと一緒に連行し、拷問に立ち会わせていることに疑問を覚えないのか…

瀕死状態になったレムを見てクルムは憎しみを覚え、覚醒してしまいます。

サドラーはクルムの手によって殺されました。最後まで自分を神だと信じていたサドラーも少し可哀そうに思えてきました。語られませんでしたがきっと彼にも壮大な過去があるのでしょう。

ディアヴロとシェラはレムとクルムを救うことができるのでしょうか…!?

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」第十二話:「真贋対戦」

ディアヴロはクレブスクルムの攻撃をよけながら極大魔法の仕掛けをしていきます。その間にシェラはレムにポーションを飲ませ、レムはなんとか動けるようになります。

あれだけ傷を負って出血しているのに生きていたのですね!よかった…

ディアヴロの準備も整い、極大魔法をクレブスクルムにかけます。クレブスクルムはダメージを受けますが、まだ戦おうとします。しかしレムが生きていることを知ったクレブスクルムは少女の姿に戻りました。

クルムはディアヴロに奴隷魔術をかけてもらうことによって、クルムを普通に生かすことに反対なシルヴィを説得し、街に住むことになりました。隷従の首輪があれば今回のように覚醒してしまっても制御できそうですしね!

エデルガルドは魔王復活の計画を失敗したため魔族の手でぼろぼろにされますが、魔族の傷を回復できるクルムに治してもらい、街でクルムと一緒にいることにしたようです。

アリシアは魔王復活が失敗したことに絶望し、レムを罠にかけた罪を償うと言って自害しようとしますが、ディアヴロに止められ諭されて自分の本当の居場所を探しに旅に出ました。

ガラク、キイラ、サドラーの男性敵キャラは容赦なく殺されたのにエデルガルドとアリシアの女性陣は生かされて第二の人生を送っているようです。シェラとレムは相変わらずごはんのことで喧嘩したり、ディアヴロをとりあったりしています。ようやく平和な日々を過ごせるのでしょうか?

10話あたりではこれまとめることができるのか?というくらい問題が山積みでしたが、最終回で綺麗にまとまりました。ディアヴロが異世界に飛ばされてしまったのに、帰りたがらなかったのはそこが本当の自分の居場所と思えるからだったのですね。

最近異世界転生ものをよく目にしますが、昔の異世界転生ものとのちがいは主人公が帰ろうとするかしないかだと、この作品を見て気づきました。視聴者の意識の違いの現れでしょうか?

今作品はかっこいい戦いパートとシリアスパート、セクシーパートのバランスがよくて飽きることなく、最後まで見ることができました(^^♪
OP曲とED曲もとてもよかったです。良い作品に出会えたことに感謝します!

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】の動画配信情報

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】の動画は、dアニメ・hulu・Nextflix・FOD・U-NEXT・ビデオマーケットどこで見れる?

お目当てのアニメが「どの動画サービスで見れるのか?」って調べるの結構面倒くさいですよね!そこで、人気の動画サービス(FODプレミアム、U-NEXT、dアニメ、hulu、Netflix、ビデオマーケット ...

続きを見る

-ネタバレ

Copyright© Hulu・Netflix・FOD・U-NEXT・Dアニメ・ビデオマーケットのアニメ動画配信情報 , 2019 All Rights Reserved.